JPDirectは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が提供するドメイン登録管理サービスです。

JPDirect ドメイン名登録管理サービス
サービス内容のご案内
サービス内容のご案内

JPDirect Webリダイレクトサービスご利用規程

株式会社日本レジストリサービス
公開: 2015年7月21日
最終改訂:2016年2月8日
実施: 2016年2月21日

このご利用規程は、属性型(組織種別型)・地域型JPドメイン名、汎用JPドメイン名、都道府県型JPドメイン名またはgTLD等ドメイン名(以下「ドメイン名」と総称します)を登録しているご登録者で株式会社日本レジストリサービス(以下「JPRS」といいます)の指定事業者部門(以下「JPDirect」といいます)を管理指定事業者とするご登録者が、JPDirectが提供する「JPDirect Web リダイレクトサービス」(以下「当サービス」といいます)をご利用になる場合の諸条件を定め、当サービスを利用されるご登録者(以下「ご利用者」といいます)とJPRS(JPDirectを含み、以下同様とします)との間で適用されます。

第1条(サービス内容)

  1. 当サービスは、JPRSのレジストリ部門(以下「JPRSレジストリ」といいます)およびgTLDレジストラ業務を担当する部門(以下「JPRSレジストラ部門」といいます)が指定事業者向けに提供するWebリダイレクトサービスを利用して、ドメイン名に対するHTTP アクセスを、その登録者により指定されたURL へリダイレクトするサービスです(以下、第三者によってアクセスされる当該ドメイン名を「リダイレクト元ドメイン名」といい、ご利用者が指定するリダイレクト先のURL を「リダイレクト先URL」といいます)。
  2. 当サービスの仕様その他については、JPDirectのWeb ページでご案内します。
  3. JPRSレジストリおよびJPRSレジストラ部門のWebリダイレクトサービスの内容が変更された場合、当サービスの内容も変更されます。
  4. JPDirect は、当サービスの仕様その他を予めご利用者に通知または公表することなく変更することができるものとします。

第2条(お申し込み等)

  1. 当サービスのご利用は、JPDirect所定の方法でお申し込みください。
  2. JPDirectが所定の方法でご利用者の確認を行った場合、ご利用者のお申し込みその他の申請の内容は、ご利用者の意思に基づくものとみなします。
  3. JPDirectは、前項の申請内容やご利用者の確認を行ったうえ、ご利用者に対し、所定の手続により受理した旨をお知らせするものとします。

第3条(料金)

  1. 当サービスの利用料は、無料とします。
  2. 当サービスを有料化する場合、JPDirectは、有料化の60 日前までに、JPDirect所定の方法により、ご利用者に通知または公表します。
  3. 前項の通知または公表をする場合、JPDirectは、有料でのご利用を希望されるか否か確認するための手続きをお知らせするものとします。
  4. 前項のご利用希望の確認手続きの結果、ご利用者のご利用を希望する旨 の意思が確認できなかった場合は、当サービスの利用契約は、当然に終了するものとします。

第4条(当サービスの技術上の制限)

  1. 当サービスのお申し込みにより、当該リダイレクト元ドメイン名のネームサーバ設定は、当サービスを利用可能とするためのものに変更されます。当サービスのお申し込みがあった場合、このネームサーバ設定の変更の意思表示があったものとみなします。
  2. 既に当サービスの適用を受けるリダイレクト先ドメイン名をリダイレクト元とする当サービスのお申し込みがあった場合、当該リダイレクト先ドメイン名に関する当サービスの利用契約は終了するものとします(多重リダイレクト設定の禁止)。
  3. 前2項のほか、当サービスの技術上の制限については、JPDirectのWeb ページでご案内します。

第5条(契約上の地位の移転に伴う取り扱い)

  1. 当サービスの適用を受けているリダイレクト元ドメイン名の管理指定事業者の変更またはリダイレクト元gTLD等ドメイン名のレジストラトランスファーが行われた場合、当サービスの利用契約は終了します。新たな管理指定事業者のもとでのWebリダイレクトサービスのご利用については、当該管理指定事業者の定めによるものとします。
  2. 当サービスの適用を受けているリダイレクト元ドメイン名を、JPDirect JPドメイン名登録サービスまたはJPDirect gTLD等ドメイン名登録サービスをご利用される第三者に移転した場合、当サービスについての契約上の地位は当然に当該第三者に承継されるものとします。

第6条(当サービスの提供停止または提供終了)

  1. JPDirectは、予めご利用者に通知または公表して、当サービスの提供を停止または終了することができます。
  2. 前項の定めにかかわらず、JPDirectは、緊急でやむをえない理由がある場合、予め通知または公表することなく、当サービスの提供を停止することができます。

第7条(免責)

  1. JPRS は、請求の原因のいかんにかかわらず、当サービスのご利用、提供、不提供によって発生したいかなる損害について、ご利用者を含む何人に対しても一切の責任を負わないものとします。
  2. JPRS は、リダイレクト先URL の実在性、リダイレクト先のコンテンツについて一切の責任を負わず、かつ、リダイレクト先URL の設置者、運営者その他の利害関係人との間の紛争に関しては、ご利用者の費用と責任において解決し、JPRS に対して何らの責任を発生させないものとします。
  3. 前2項に違背してJPRS が第三者から異議または請求を受けた場合、または、ご利用者の当サービスの利用に関してJPRS が第三者から異議または請求を受けた場合、ご利用者は、その異議や請求の性質のいかんにかかわらず、弁護士費用を含めて、すべての責任・損失等からJPRSを免責・防御・保証することに同意するものとします。

第8条(当サービスの終了・解約)

  1. 当サービスの利用契約は、次の事由がある場合、当然に終了するものとします。
    (1)第6条第1項によりJPDirectが当サービスの提供を終了する場合
    (2)当該リダイレクト元ドメイン名がレジストリデータベースまたはレジストラデータベースから抹消された場合
  2. ご利用者は、JPDirectに対して所定の申請を行うことにより、いつでもこの契約を解約することができます。当該リダイレクト元ドメイン名のネームサーバ設定が行われた場合、または当該リダイレクト元ドメイン名につきDNSサービスの設定が行われた場合、JPDirectは、この契約の解約の意思表示がなされたものとみなします。

第9条(存続条項)

第7条および第11条については、当サービスの利用契約が終了した後も存続するものとします。

第10条(ご利用規程の変更)

  1. JPDirectは、いつでも、このご利用規程を変更することができます。
  2. 前項の場合、第3条第2項および第3項の定めを準用するものとします。
  3. JPDirectがご利用者の不利益にならないと判断した場合は、前項に定める限りではありません。この場合、ご利用者が当サービスのご利用を継続されたときは、第1項の変更に同意したものとみなします。

第11条(合意管轄)

このご利用規程またはこのご利用規程に付随関連する事項について訴訟を提起する場合、東京地方裁判所をもって第一審専属合意管轄裁判所とします。

このページのトップへ