JPDirectは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が提供するドメイン取得・SSL/TLSサーバー証明書発行サービスです。

JPDirectについて

JPドメイン名移管ロック

JPドメイン名移管ロックとは

JPドメイン名移管ロックはJPDirectが提供する登録者の意図しない移管(指定事業者変更、ドメイン名移管)を防止するサービスです。

JPドメイン名はJPDirectなどの指定事業者が管理を行っており、JPドメイン名の登録者は管理指定事業者を変更することができます。
JPドメイン名移管ロックは、JPドメイン名移管を制限する機能です。移管ロックを設定しておくことで登録者が意図しない移管申し込みを防ぐことができます。

JPドメイン名移管をロック

※登録者が意図してJPDirectから他の管理指定事業者に移管する際は、事前にJPDirectで移管ロックの解除を行ってください。
※JPドメイン名移管ロックでは、JPレジストリの「指定事業者変更ロック」「ドメイン名移転ロック」を使用しています。

JPドメイン名移管ロックのメリット

POINT01

意図しない移管申請をブロック

ロック設定中のJPドメイン名は他指定事業者からの移管申請を受け付けません。そのため、JPドメイン名の管理を狙った攻撃や誤申請を防ぐことができます。

POINT02

設定・解除の費用はかかりません

移管ロック設定・解除は無料となります。またJPDirectではドメイン名登録と同時にロックされるので安心です。

POINT03

設定・解除にはログインが必要です

ドメイン管理ページで申請ができます。ログイン認証情報を持たない第三者による解除はできません。

JPドメイン名移管ロックの料金

対象 設定・解除料
JPドメイン名 無料

設定・解除の流れ

以下の手順でロック設定・解除設定を行います。

  1. ドメイン管理ページにログインしてください。
  2. 左メニュー「ドメイン名共有>JPドメイン名移管ロック設定」から設定・解除を行います。

ご利用期間

JPドメイン名移管ロックを設定した場合、解除されるまで有効です。

サービス内容

「JPドメイン名移管ロック」を設定するとJPドメイン名のレジストリが以下の申請の処理をブロックします。

  • 指定事業者変更申請
  • ドメイン名移転申請(汎用・都道府県型JPドメイン名のみ)

お問い合わせ

JPDirectお客様サポート係

メール:お問い合わせフォーム
電話 :03-5215-8456

注意事項

  • JPDirect管理のJPドメイン名に移管ロックを設定している場合、他の指定事業者からの移管申請(指定事業者変更申請、ドメイン名移転申請)はJPレジストリにて制限されます。JPDirectで解除した上で移管申請を行ってください。

本ページで使用している専門用語の解説

レジストリ

ドメイン名やIPアドレス、AS番号といったインターネット資源の登録・割り当てを担当する組織(登録管理機関)のことです。ドメイン名のレジストリは、登録済みドメイン名の情報と登録者情報を管理しています。

指定事業者

JPドメイン名における指定事業者は、ドメイン名登録者とJPRSの間に入ってドメイン名登録に関する窓口業務を行います。

よくあるご質問

移管ロックの設定・解除の具体的な手順を教えてください。

以下のページをご参照ください。 【サポート/QA】 JPドメイン名移管ロックの設定・解除方法を教えてください。