JPDirectは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が提供するドメイン取得・SSL/TLSサーバー証明書発行サービスです。

JPDirectについて

ドメイン名を更新する

ドメイン名の更新とは?

登録したドメイン名には有効期限があります。毎年有効期限を更新することで継続利用ができます。

JPDirectでドメインを更新するときのポイント

POINT 1

登録中の住所・お支払い方法をご確認ください。

ドメイン管理ページのお客様情報から変更することができます。
※請求日以降にご変更の際は、サポート窓口までご連絡ください。

POINT 2

更新忘れによる廃止にご注意ください。

お支払い期限までにお支払いが確認できない場合、更新されず、ドメイン名が廃止となります。ドメイン名が廃止になると取り戻すことは難しくなるため、お支払い期限に間に合わない場合はサポート窓口までご相談ください。

POINT 3

カード自動更新に対応しています!

事前にクレジットカードを登録して毎年のドメイン名更新料の請求を自動決済することができます。

更新できるドメイン種別一覧

  更新料 お支払方法
CO.JP 7,000円/年 (税込 7,700円/年)
  • 銀行振込(請求書払い/振込手数料はお客様負担となります
  • コンビニ支払い
  • クレジットカード払い
  • クレジットカード自動決済(更新時のみ)
OR.JP 7,000円/年 (税込 7,700円/年)
NE.JP 7,000円/年 (税込 7,700円/年)
AC.JP 7,000円/年 (税込 7,700円/年)
AD.JP 7,000円/年 (税込 7,700円/年)
ED.JP 7,000円/年 (税込 7,700円/年)
GO.JP 7,000円/年 (税込 7,700円/年)
GR.JP 7,000円/年 (税込 7,700円/年)
汎用・都道府県型ASCII
(.JP、都道府県名.JP)
4,710円/年 (税込 5,181円/年)
汎用・都道府県型日本語
(日本語.JP、日本語.都道府県名.JP)
1,900円/年 (税込 2,090円/年)
COM/NET/ORG/
MOBI/BIZ/INFOなど
2,350円/年 (税込 2,585円/年)
OSAKA 4,000円/年 (税込 4,400円/年)
KYOTO 9,600円/年 (税込 10,560円/年)
CC/TV 7,600円/年 (税込 8,360円/年)

ドメイン名の移転(登録者の変更)のお手続き方法

JPドメイン名の登録期間は1年で、gTLD等ドメイン名は1年単位で最長10年です。
有効期限が近づいてきましたら、次年度の登録更新料ご請求について以下の方法でご案内します。

請求宛先情報のメールアドレス宛に

メールを送信

請求宛先情報に登録している住所宛に

請求書類を郵送

※銀行振込・コンビニ払い・クレジットカード都度払い[請求書あり]をご選択の場合

更新する場合

お支払期限までに登録更新料をお支払いください。
JPDirectにて入金確認後、入金完了のご連絡メールをお送りします。

ドメイン名の有効期限は、現在の有効期限日翌日に1年間延長されます。
現在の有効期限日はJPRS WHOISで確認ください。

ドメイン名のご請求及び登録更新時期

【例】2020年1月31日が有効期限日のJPドメイン名のケース

請求書発送 2019年12月3日
お支払い期限 2019年12月31日
有効期限 2020年1月31日
登録更新 2020年2月1日(登録更新後にJPRS WHOISに記載の有効期限が更新されます)
ドメイン名のご請求及び登録更新時期

更新しない場合(廃止する場合)

お支払期限までに入金を確認できなければ、ドメイン名は更新されず廃止となります。
または、ドメイン管理ページの左メニュー「廃止申請」より廃止手続きを行なってください。

※入金を確認できない場合、更新意思の確認のため、ご連絡を行わせいただくことがございます。

よくあるご質問

  • 請求書・コンビニ払込票が届かない。

    請求書類の発送前または発送した請求書類が差し戻っている場合があります。状況をお調べいたしますのでサポート窓口までご連絡ください。
    なお、引っ越し前の住所が登録されていて「あて所に尋ねあたりません」等の理由で郵便物が返還された場合はお客様にお電話・メール等で改めてご連絡しております。

よく読まれているページ