JPDirectは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が提供するドメイン取得・SSL/TLSサーバー証明書発行サービスです。

JPDirectについて

サポート/QA

Whois表示設定手順を教えてください[汎用・都道府県型のみ]

JPDirectでご登録の汎用・都道府県型JPドメイン名では、Whoisでの登録者名表示・非表示を選択可能です。

Whois表示設定手順

1. ドメイン管理ページへログインいただき、左メニュー「汎用・都道府県ドメイン名>Whois表示設定」よりお手続きください。

Whois表示設定手順

2. Whois表示設定をするドメイン名と、表示有無を選択し、「次へ」をクリックしてください。

Whois表示設定手順

3. 申請内容を確認し、「この内容で確定する」をクリックして手続き完了です。

Whois表示設定手順

Whois表示・非表示を選択可能なドメイン名

  • 汎用・都道府県型JPドメイン名

料金

  • 無料

登録者名を「表示しない」場合のWhois表示

  • Whoisの検索結果にて、[登録者名][Registrant]の情報が別表示に置き換えられます。
    ※詳しくはJPRSレジストリのページをご覧ください。

Whois表示・非表示を選択可能なドメイン名

  • ドメイン名の登録者情報は公開が原則です。登録者情報を非表示とする意図や理由がある場合のみ、非表示としてください。
  • Whoisでの登録者名にを非表示にすることによって、Webサイトで用いられているドメイン名の登録者をWhoisでは確認できず、Webサイトの信頼性が得にくくなる可能性があります。
    (例)
    • 認証局からのSSL証明書の取得に時間がかかる(または取得できない)可能性があります。
    • 登録者の特定に時間がかかるために、トラブルの解決が遅れる可能性があります。
    登録者情報には、必ず登録者自身の情報を登録してください。また、登録者情報は常に最新の情報をご登録ください。 公開連絡窓口を通じて、登録者に確実に連絡がつくようにしてください。 以下の場合は、Whoisでの登録者名について「表示しない」を選択している場合でも、登録者名を含む登録情報が第三者に開示・提供されます。
    • JPRSレジストリに情報開示請求があった場合
    • JPDirectが指定事業者業務の遂行に必要な場合
    • JP-DRPによる紛争処理手続きが発生した場合
    • 法令等による要請がある場合
    • その他「JPドメイン名登録情報等の取り扱いについて」に定める事項に該当する場合
  • 登録規則及びWhois登録者情報非表示設定機能ご利用条件を遵守してください。
  • ご利用条件に違反した場合は、事前の通知なく登録者名がWhoisで表示される場合があります。
  • 登録者情報が不正確である場合は、ドメイン名が削除される場合があります。

カスタマーセンター受付時間:9:00-18:00
(土日祝祭日・法律に定める休日及び12月29日~1月3日は除く)

お問い合わせの際には、
「ドメイン名(サーバー証明書の場合は「コモンネーム」)」または
「請求書番号(BILLから始まる番号)」をお伝えいただくとスムーズです。
受付時間外にいただいたお問い合わせ、また内容により、翌営業日以降のご回答となる可能性がございます。ご了承ください。