JPDirectは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が提供するドメイン取得・SSL/TLSサーバー証明書発行サービスです。

JPDirectについて

JPDirectの
ドメインサービス
Domain service

まずは、ドメインを検索してみよう

WHAT IS A DOMAIN ドメインとは?

皆さんがパソコンやスマホなどでWebサイトへアクセスしたり、メールを送ったりする際に、接続先を特定するために用いられるのが「ドメイン名」と呼ばれる情報。このドメイン名があるおかげで、私たちは見たいWebサイトにアクセスしたり、知り合いにメールを送ったりできるのです。ドメイン名の中でも「.jp」のように「.」(ドット)で区切られた一番右側のブロックは「トップレベルドメイン」(TLD)と呼ばれます。

この仕組みがドメインネームシステム(DNS)
  • ドメイン名25種類の登録管理ができる!

    ポイント1

    ドメイン名25種類の
    登録管理ができる!

    JPドメイン名のレジストリ運営するサービスだから幅広いラインナップ
    人気のCO.JPやCOMなどお気に入りのドメイン名が見つかります。

  • ドメイン名管理に特化したサービス!

    ポイント2

    ドメイン名管理に
    特化したサービス!

    ドメイン名単体の契約となります。お客様がご利用中のサーバーをドメイン名に設定できます。ドメイン名とサーバーの契約を分けておくことで、サーバーの切り替え時にドメイン名を移管する必要はございません。

  • サービス提供歴18年の実績!

    ポイント3

    サービス提供歴
    18年の実績!

    JPドメイン名のレジストリ直販として2002年からサービスを開始。これまでに多くの企業、官公庁、学校等のドメイン名を管理しています。

POPULAR SERVICE 人気サービス

ドメインロックサービス

ドメインロックサービス

重要なドメイン名を管理しているご担当者様向け

ドメインロックは、JPドメイン名のネームサーバー設定などを保全することによって、万が一パスワードが流出しても情報の書き換えを防ぐサービスです。JPドメイン名の最上位機関であるレジストリ(JPRS)が情報の書き換えを禁止し、被害の大きいJPドメイン名の乗っ取りを防ぐことができます。

DNSSEC

DNSSEC

サーバー管理している技術ご担当者様向け

JPDirectのネームサーバー設定画面からDNSSECに必要な署名鍵を登録できます。
DNSSECは、DNS応答に電子署名を追加し、問い合わせ側で検証することでDNSの攻撃耐性を向上させる、セキュリティ拡張機能です。DNSSECは、受け取ったDNSレコードの出自(送信元で登録したデータであること)・完全性(データの欠落や改ざんのないこと)を問い合わせ側で検証できるようにするための機能です。

1組織1ドメイン名制限緩和

1組織1ドメイン名制限緩和

合併/組織名変更/事業譲渡をしたご担当者様向け

1組織1ドメイン名制限緩和は、1つの組織で1つのみ登録できるCO.JPなどを、所定の条件を満たした際に複数登録できる申請です。1つのドメイン名に絞って他のドメイン名を廃止することなく登録継続できます。

PRICING 主なドメイン利用料金

ドメイン名お申し込み
料金一覧

  登録初年度 有効期限更新 JPDirectへの移管
登録料 仮登録料 登録更新料 移管料
CO.JP
属性型
19,084円/年 (税込20,952円)※1 7,000円/年 (税込7,700円)※1 無料 有効期限2ヶ月以内の場合は
登録更新料が必要
OR.JP
属性型
JP(ASCII)
汎用
7/30まで
キャンペーン中

2,850円(税込 3,135円)
3,650円 (税込 4,015円)
 
4,710円 (税込5,181円)
JP(日本語)
汎用
1,900円 (税込 2,090円)
 
1,900円 (税込2,090円)

gTLDなどドメイン名
お申し込み料金一覧

  登録初年度
登録料
有効期限更新
登録更新料
JPDirectへの移管
ドメイン名移転料
COM 2,350円/年 (税込2,585円)※2 ※3
NET
  • ※1
    仮登録申請の場合、定められた期間内に本登録申請を行う必要があります。本登録申請の際には、料金は発生いたしません。
  • ※2
    登録回復サービスは、別途登録更新料が必要になる場合があります。
  • ※3
    移転登録お申し込みの際、ご利用者が登録年月日の引き継ぎを選択された場合は、ドメイン名移転登録料は無料です。(詳細はこちらをご覧ください。)

DOMAIN ドメイン名の種類

  • 属性型JPドメイン名

    属性型JPドメイン名

    組織を紹介する
    ホームページにピッタリ

    登録可能組織で区分された、高い信頼性のあるドメイン名

  • gTLD等ドメイン名

    gTLD等ドメイン名

    商品やサービス、地域別などあらゆるなホームページにピッタリ

    世界中の誰でも取得できるドメイン名

  • 汎用JPドメイン名

    汎用JPドメイン名

    商品やサービスを紹介する
    ホームページにピッタリ

    法人個人を問わず、“どなたでも””いくつでも”登録できるドメイン名

  • 都道府県型JPドメイン名

    都道府県型JPドメイン名

    地域発・地域向けの情報を
    紹介するホームページに
    ピッタリ

    法人個人を問わず、“どなたでも””いくつでも”“どの都道府県でも”登録できるドメイン名

  属性型 gTLD等 汎用型 都道府県型
種類

△△△.co.jp
△△△.or.jp
△△△.ne.jp
△△△.gr.jp
△△△.ed.jp
△△△.ac.jp
△△△.go.jp
△△△.ad.jp

△△△△△△△.COM
△△△△△△△.NET
△△△△△△△.ORG
△△△△△△△.INFO
△△△△△△△.BIZ
△△△△△△△.MOBI
△△△△△△△.TOKYO
△△△△△△△.OSAKA
△△△△△△△.KYOTO
など

△△△.jp

△△△.TOKYO.JP
△△△.OSAKA.JP
△△△.東京.JP
△△△.大阪.JP
など47都道府県

対象

企業(株式会社、有限会社、合同会社など)
各種法人(社会法人、財団法人、医療法人など)
ネットワークサービス
任意団体
小学校など初等中等教育期間
大学など高等教育機関
政府機関
JPNIC会員

法人・個人を問わず
どなたでも

※属性型JPドメインをご利用中の方も登録可能です。
※OSAKAとKYOTOについてはこちらをご覧ください。

法人・個人を問わず
どなたでも

※属性型JPドメインをご利用中の方も登録可能です。

法人・個人を問わず
どなたでも

※属性型JPドメインをご利用中の方も登録可能です。

特徴

1組織1ドメイン名

1つの組織が登録できる属性型JPドメイン名は1つだけです。

仮登録制度で安心

登記・設立前でも安心な仮登録制度があるので便利です。

※「ne.jp」、「gr.jp」、「ad.jp」ドメイン名は除く。

いくつでも登録OK
日本語使用OK

漢字やひらがなの日本語ドメイン名も登録できます。

例)日本語.COM、日本語.NETなど

いくつでも登録OK
日本語使用OK

漢字やひらがなの日本語ドメイン名も登録できます。

例)日本語.jp、私の日常.jp

いくつでも登録OK
日本語使用OK

どの都道府県でも、英数字はもちろん、日本語ドメイン名も登録できます。

例)example.tokyo.jp、エグザンプル.hokkaido.jp

SEARCH 所属してる組織から探す

企業の方 CO.JP 詳細を見る
法人の方 OR.JP 詳細を見る
大学・学校法人の方 AC.JP 詳細を見る
幼稚園、小中高の方 ED.JP 詳細を見る
政府・独立行政法人 GO.JP 詳細を見る
ネットワークの運営組織の方 NE.JP 詳細を見る
商店街・任意団体の方 GR.JP 詳細を見る
JPNICの正会員の方 AD.JP 詳細を見る
地方公共団体の方 LG.JP 詳細を見る
日本に住所がある方 JP 詳細を見る