JPDirectは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が提供するドメイン取得・SSL/TLSサーバー証明書発行サービスです。

JPDirectについて

AC.JPドメインの取得

国立大学・私立大学・専門学校・学校法人が登録できるAC.JPドメイン名について、取得方法や条件、複数登録できるケースについてご案内いたします。

AC.JPドメインの空き状況を検索

AC.JPドメインとは

AC.JPドメインは、学校教育法および他の法律の規定による学校(18歳以上を対象とした教育機関)や学校法人などが登録(取得)できます。AC.JPドメインのうち「JP」の部分はトップレベル、「AC」の部分はセカンドレベルと言います。このように組織の種別ごとに区別されたドメイン名のことを属性型(組織種別型)JPドメイン名と呼びます。属性型JPドメイン名は1つの組織が1つ登録できます。

ドメインを決める時の3つのポイント

POINT01

AC.JPは学校名またはサービス名がオススメ

AC.JPは学校のサイトなどに利用され、学校そのものを表す文字列で登録するケースが多いようです。登録後にドメイン名の文字列を変更する手続きはございますが、登録できるのは1つだけなのでよくご検討ください。

POINT02

他人の商標を侵害していないかチェック

空いている文字列は申請順で登録が可能です。JPドメインの取得に商標登録は必要ございません。ただ他人の商標を侵害している場合、「JPドメイン名紛争処理方針(JP-DRP)」により、登録権利を失う可能性がございます。

POINT03

「.COM」も登録しておく

同じ文字列でTLD違い(「.JP」「.COM」)が空いていれば同時に登録して、Webリダイレクト(EXAMPLE.COMにアクセスすると> EXAMPLE.AC.JPに転送される)設定をしておくと、取引先・WEBサイト訪問者が間違えた時も安心です。

取得条件(属性型JPドメイン名)

  • 1つの組織が1つのみ取得可能なドメイン名です。
  • ドメイン名の種別ごとに登録できる組織が定まっております。
    登録資格に適さない場合は取得したドメイン名が抹消となります。必ずご確認ください。

取得条件(属性型JPドメイン名)

学校教育法および他の法律の規定による次の組織が登録できます。

  • 大学、専門学校(18歳以上を対象とした学校)
  • 大学校、短期大学校、大学共同利用機関
  • 障害者職業能力開発校、職業能力開発促進センター、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校

また学校法人なども登録できます。

  • 学校法人、職業訓練法人、国立大学法人、大学共同利用機関法人、公立大学法人など

※認可がおりていれば開校前でも通常の登録が可能です。

※高等学校、中学校、小学校、幼稚園、保育園などはED.JPに登録資格があります。

(例)学校法人が大学を運営しているケース

学校法人・学校それぞれでAC.JPの取得が可能です。

学校設立準備中・登記中にAC.JPを取得する手続き(仮登録申請)

学校設立準備中の段階からAC.JPを取得できます。

仮登録制度

「AC.JP」のドメイン名には仮登録制度があり、学校設立前・学校法人登記手続き中でも6カ月以内に設立予定であれば登録(取得)することができます。
6カ月以内に組織を設立し、本登録(無料)を行う必要があります。

詳細

費用

新規登録/仮登録
4/30までキャンペーン中

5,000円
(税込 5,500円)
19,048円
(税込 20,952円)
更新 7,000円(税込 7,700円)
本登録 無料
記載事項変更
(学校名変更・住所変更・担当者変更)
無料
ネームサーバー設定 無料

(カッコ内は当該税率に対応する税込金額)

登録したドメイン名を変更する手続き(ドメイン名変更料)などは料金表をご確認ください

オプションサービス料金一覧

ドメインロック初回設定料[JPのみ] 19,000円(税込 20,900円)※6
ドメインロック設定更新料[JPのみ] 38,000円(税込 41,800円)
Webリダイレクトサービス 無料
DNSサービス 無料[試験提供]

(カッコ内は当該税率に対応する税込金額)

※6 初回設定料は1ドメイン名につき、1回のみ適用となります。過去にドメインロック利用のあるドメイン名については、設定更新料が適用されます。

お支払い方法

  • 銀行振込(請求書払い/振込手数料はお客様負担となります)
  • コンビニ支払い
  • クレジットカード払い
  • クレジットカード自動決済(更新時のみ)

申請から完了までの期間(4月1日申請の例)

申請から完了までの期間(4月1日申請の例)

必要書類

原則不要
(AC.JPドメイン取得(登録)後、登録資格が確認出来ない場合は書類提出が必要となります)

AC.JPを複数取得できる条件

2014年2月17日以降に「合併」「組織名変更」「事業譲渡」のいずれかが発生し、その事実が客観的かつ公に確認可能な場合、1つの組織でAC.JPを複数取得することができます。

「1つの組織で複数のCO.JPドメイン等を取得する申請(1組織1ドメイン名制限緩和申請)」

AC.JPドメインの空き状況を検索

お手続きの流れ(ドメイン取得)

STEP
1

ご希望のドメイン名の空き状況を確認

STEP
2

お客様IDを登録する

新機会員登録

STEP
3

ドメイン名の登録者情報を入力する

STEP
4

お支払方法を選択する

STEP
5

申し込み完了

STEP
6

お支払い完了後
ドメイン名登録完了!