JPDirectは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が提供するドメイン登録管理サービスです。

JPDirect ドメイン名登録管理サービス
SSLサーバー証明書の各種お手続き

認証局での審査について

  • 認証局(株式会社日本レジストリサービス)での審査についてご案内します。
    • 事前にドメインの登録情報(組織名やWHOISに記載のメールアドレス等)に更新が必要な場合は事前に手続きを行ってください。
      ・JPDirectで管理しているドメイン名の場合は、お客様専用ぺージからお手続きください。
      ・JPDirect以外の事業者をご利用の場合は、各事業者に変更方法をお問い合わせください。

ドメイン認証型(DV)の審査

  • 認証局が指定するメールアドレスへドメイン使用権確認のメールを送信します。
    • メールを受信しましたら、メールの記載内容に従い、ドメイン使用権の認証手続きを行ってください。
      指定可能なメールアドレスは以下の6通りです。
      1.admin@コモンネームのドメイン名(サブドメイン名は指定できません)
      2.administrator@コモンネームのドメイン名(サブドメイン名は指定できません)
      3.webmaster@コモンネームのドメイン名(サブドメイン名は指定できません)
      4.hostmaster@コモンネームのドメイン名(サブドメイン名は指定できません)
      5.postmaster@コモンネームのドメイン名(サブドメイン名は指定できません)
      6.WHOISに記載のメールアドレス※
       ※属性型・地域型JPドメイン名の場合・・・登録担当者情報に記載のメールアドレス
        汎用・都道府県型JPドメイン名の場合・・・公開連絡窓口情報に記載のメールアドレス
        gTLDドメイン名(COM/NET等)の場合・・・AdminContactに記載のメールアドレス
  • 最短で1営業日での発行が可能です(クレジットカード支払いで、審査がスムーズに完了した場合)。

組織認証型(OV)の審査

  • 認証局にて、法人の登記確認と電話認証(※)を行います。
    • サーバー証明書名義人(法人)様の代表番号に対して、電話連絡が行われます。
      予めドメイン登録者様の組織内にて、認証局(株式会社日本レジストリサービス)から代表番号へお電話あった場合に、ご担当者様へ取次が可能になるようにご調整をお願いいたします。
      また、電話番号が電話会社等の第三者データベースに登録されていない場合、認証局へ電話番号通知書の提出が必要です。
    • SSLサーバー証明書の名義人とドメイン登録者が異なる場合は、SSLサーバー証明書の名義人へ認証が行われます。
      また、認証局へドメイン使用権を確認するための書面提出が必要になります。認証局から提出依頼があった場合には、お申込者様宛にご連絡いたします。
  • 1〜2営業日での発行が可能です(クレジットカード支払いで、審査がスムーズに完了した場合)。

関連サイト

JPRS