JPDirectは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が提供するドメイン取得・SSL/TLSサーバー証明書発行サービスです。

JPDirect ドメイン名登録管理サービス
お知らせ
  • JPDirect
  • お知らせ
  • 2020年8月20日のサービス改定(JPRSサーバー証明書有効期間2年の提供終了など)

2020年8月20日のサービス改定(JPRSサーバー証明書有効期間2年の提供終了など)

公開:2020/7/1

日頃よりJPDirectをご利用いただきましてありがとうございます。

近年、セキュリティの観点からSSL/TLSサーバー証明書の有効期間を短縮していく動きがあります。
Safariブラウザーを提供するApple社では、2020年9月1日以降に発行された証明書で、かつ、有効期間が398日(13カ月)を超える証明書を信頼しないと発表しました。該当する証明書を利用しているWebサイトは、証明書が有効であってもSafariブラウザーで閲覧した際に「安全ではありません」などの警告が表示されます。またChromeなどの他ブラウザーでもApple社の発表に追随していくものと思われます。
[関連記事:Safari、2020年9月からSSLサーバー証明書の有効期間2年を信頼しなくなる?]

このようなブラウザー業界の動向を受け、2020年8月20日にJPRSサーバー証明書では有効期間398日(13カ月)を超えない証明書のみを提供するよう、サービス改定を実施いたします。

JPRSサーバー証明書認証局のサービス改定に伴い、JPDirectでのサービス提供内容を変更いたします。

詳細については下記をご参照ください。

サービス改定内容(JPRSサーバー証明書、セコムパスポート for Web EV2.0)

対象 変更前(2020年8月20日)※1 変更後(2020年8月21日)※1
有効期間 1年または2年 1年
乗り換えオプション
(他証明書から乗り換える際に残りの有効期間を追加するサービス)
提供あり 提供なし
再発行
(JPRSサーバー証明書)
有効期限日に変更なし 残りの有効期間が13カ月を超える場合、13カ月後の月末となる(※2)
更新フロー
  • 有効期限の3カ月前から申請および発行が可能
  • 有効期限の3カ月前から申請が可能
  • 有効期限月になったら発行が可能
  • 1 2020年8月20日18:00-24:00に認証局でメンテナンスが実施されます。メンテナンス開始前までは変更前のサービス内容が適用され、メンテナンス終了後からは変更後のサービス内容が適用されます。
  • 2 本来の有効期間より短縮となる可能性があります。有効期間の補てんにつきましては再発行時にサポート窓口から該当するお客様にご案内させていただきます。

[補足]更新フロー図(変更後(2020年8月21日))

SSL更新フロー図(変更後(2020年8月21日))

Q&A

2020年8月20日以前に有効期間2年で発行した証明書に影響はありますか?
引き続きご使用できます。なお、再発行をする場合は残りの有効期間が13カ月を超えない期間に設定されます。有効期間の補てんにつきましては再発行時にサポート窓口から該当するお客様にご案内させていただきます。

以上

関連サイト

JPRS